ドイツ代表 ユニフォーム ヴィンテージ特集

ドイツ代表 ユニフォーム最もクラシック版は1990年ユニフォームです。1990FIFAイタリアW杯大会、決勝戦ではドイツ代表はアルゼンチン代表を1-0で優勝し、それはドイツ代表歴史上3度目のW杯世界チャンピオンとなった。

まずは、ドイツ代表 ユニフォーム 1990ホームを紹介します。

全体に、シンプルなデザインを採用し、ベースカラーはホワイトです。ドイツ代表 ユニフォーム 1990はドイツ代表歴代ユニフォーム中で最もクラシック版として、ドイツ代表現代ユニフォームのデザインが1990版胸のシルエットデザインに継続されます。

白基調で国旗カラーを使用したグラフィックのデザインとなっている。胸にはブラック、レッド、オレンジ三色合わせてシルエットは当時イタリアW杯大会への大きな期待を表現と思います。チームエンブレムとメーカロゴも胸にデザインして、肩にはAdidas象徴的な3本線が配置します。基本的なクルーネックを採用されます。

次はドイツ代表 ユニフォーム 1990アウェイです。

全体に、ゴージャスななデザインを採用し、ベースカラーはグリーンです。1990年イタリアW杯大会で着用アウエイモデルです。濃淡の差かあってグリーンジオメトリー模様でユニフォームにデザインして、ホワイトとグリーン合わせるネックデザインに、Vネック仕様となっている。

ドイツ代表 ユニフォームを購入したい方はぜひ弊店へ~セール活動が豊富に、バラエティなドイツ代表 ユニフォームが提供して、ドイツ代表を応援方は逃さないでください。

フランス代表 ユニフォーム ヴィンテージ特集

今日は、1998年のワールドカップフランス大会を制したフランス代表 ユニフォームを改めて紹介する!

1998年7月12日、スタッド・ドゥ・フランスでの決勝はジダンのヘディングによる2ゴールと終了間際のエマニュエル・プティのゴールで前回王者ブラジルに3-0で勝利し、様々なルーツを持つ選手たちが集まったフランス代表は自国開催で優勝という責務を果たした。

ホームには伝統の青を基調に、フロントは白いストライプスを飾った。メーカーブランドはドイツのスポーツブランド「アディダス」で、メーカーロゴが刺繍。アディダスの特徴であり「スリーストライプス」が襟から袖まで。

袖口はリブ仕様。

袖はメッシュ仕様。

右下のロゴは織りワッペン縫い付け。

 クラシックなvネックで、右胸に協会エンブレムも刺繍。

フランス代表 ユニフォームをお持ち帰りたい方は是非こちらをクリックしてください。

メキシコ代表 ユニフォーム ヴィンテージ特集

アディダスとFMF(メキシコサッカー連盟)は2017年11月03日、メキシコ代表がロシア・ワールドカップで着用する新ホーム ユニフォームを発表した。

今回は、最新シーズンのメキシコ代表 ユニフォームのデザイン詳細など略して、「ABA SPORT」 という国内メーカーがサプライヤーを務めている1998シーズンのホーム&アウェイ 半袖を改めて簡単に紹介する!

こちらのユニフォームは1998ワールドカップフランス大会で着用された。フランス大会でメキシコ代表の成績はベスト16だった。

1998 メキシコ代表 ホーム ユニフォーム 半袖 レプリカ

1998 メキシコ代表 ホーム ユニフォーム 半袖 レプリカがメキシコ伝統的な緑を基調に、ユニフォームフロントのイメージがマヤ文明のマヤのカレンダーを採用した。良く見ると、白いポロネックに赤い縁が入った。

価格:3550円

商品の特徴:

・胸の中央は国名である「MEXICO」をプリント。

・メーカーロゴ、協会エンブレムが織りワッペン縫い付け。

1998 メキシコ代表 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカ

 1998 メキシコ代表 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカがメキシコ伝統的な白を基調に、ユニフォームフロントのイメージがマヤ文明のマヤのカレンダーを採用した。良く見ると、白いポロネックに赤い縁が入った。国名、メーカーロゴ、選手番号なども赤を採用。

価格:3550円

商品の特徴:

・胸の中央は国名である「MEXICO」をプリント。

・メーカーロゴ、協会エンブレムが織りワッペン縫い付け。

メキシコ代表 ユニフォームをすぐチェックしたい方は是非こちらへどうぞ!

日本代表 ユニフォーム ヴィンテージ特集

アディダス ジャパンとJFA(日本サッカー協会)は2017年11月06日、日本代表がロシア・ワールドカップで着用する新ホーム ユニフォームを発表した。

アディダス ジャパンは1999年からJFAとオフィシャルサプライヤー契約を締結。すなわち、1999年以降、アディダス ジャパンが日本代表のサプライヤーを務めている。

今回は、1999年以前の日本代表 ヴィンテージ ユニフォームをまとめて簡単に紹介する!

柱谷哲二(はしらたに てつじ)

1994 日本代表 ホーム ユニフォーム 半袖 レプリカ

1994アメリカW杯予選の「ドーハの悲劇」でも有名なモデル。日本協会のシンボルでもある八咫烏(ヤタガラス)の羽をモチーフにした模様は、時代を超える!

価格:3550円

商品の特徴:

・当時の流行しているポロネックを採用。

・フロントのイラストは八咫烏(ヤタガラス)の羽をモチーフしたもの。

・メーカーロゴ、協会エンブレムが織りワッペン縫い付け。

岡野雅行(おかの まさゆき)

 

1996 日本代表 ホーム ユニフォーム 半袖 レプリカ

1996年の第11回UAE大会はグループリーグを3戦全勝で通過した。袖に不動明王(仏教の信仰対象であり、密教特有の尊格である明王の一尊。大日如来の化身とも言われる。また、五大明王の中心となる明王でもある。)をイメージした炎のモチーフが描かれたモデル。やはりadidas 、PUMA 、asicsの3社がローテーションで各年代代表のサプライヤーとなった。

価格:3550円

商品の特徴:

・当時の流行しているポロネックを採用。

・袖に不動明王をイメージした炎のモチーフが描かれたモデル。

・メーカーロゴ、協会エンブレムが織りワッペン縫い付け。

中山 雅史(なかやま まさし)

 

1998 日本代表 ホーム ユニフォーム 半袖 レプリカ

 

記念すべきワールドカップ初出場ホームモデル。袖の炎が少し小さくなったマイナーチェンジモデル。

価格:3550円

商品の特徴:

・当時の流行しているポロネックを採用。

・襟のカラーはホワイト。

・ユニフォームの後ろの下は「JAPAN」を入り。

・メーカーロゴ、協会エンブレムが織りワッペン縫い付け。

宮本恒靖(みやもと つねやす)

1998 日本代表 アウェイ ユニフォーム 半袖 レプリカ

記念すべきワールドカップ初出場アウェイモデル。袖の炎が少し小さくなったマイナーチェンジモデル。

価格:3550円

商品の特徴:

・当時の流行しているポロネックを採用。

・襟のカラーはネイビーを採用。

・ユニフォームの後ろの下は「JAPAN」をプリント。

・メーカーロゴ、協会エンブレムが織りワッペン縫い付け。

他の日本代表 ユニフォームにご興味がある方は是非こちらのページへ!